太陽光発電用語集索引

太陽光発電システムを導入するうえで必要な、用語集をまとめました。

 

た行
太陽光発電システム太陽光サーチャージ太陽エネルギー太陽電池太陽電池モジュール
太陽光発電システム
太陽光モジュールやパワーコンディショナー、電力量計など太陽光発電に必要な一連の設備を総称したものです。太陽光発電システムは系統連係システム・独立系のシステムの二種類があります。
太陽光サーチャージ
2009年11月1日にフィードインタリフ(固定価格買取制度)が導入されたことにより、太陽光発電による買取額を従来の倍額にするために、設定されているサーチャージ(割増料金)のことです。正式には太陽光発電促進付加金と呼ばれているものです。太陽光発電導入・未導入に関わらず全ての電気利用者が電気使用量に応じて、薄く広く負担する制度です。太陽光サーチャージの具体的な金額は、電気の使用量に応じて高くなりますが、経済産業省の試算では標準的な世帯の負担額は月額30円~100円程度になる見込みだとしています。
フィードインタリフによって電力会社は1kWあたり平均24円で電気を売っているのに、余剰買い取り価格が2倍の48円で買わなければなりません。つまり売電を受け付ければ受け付けるほど電力会社は赤字となってしまいます。温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーである太陽光発電を促進するために、この売電における価格差(赤字)を国民全体で負担する制度で、電気使用量によって割増料金を支払うことになります。
この太陽光サーチャージについては、「太陽光発電システムを設置した人だけが得をして不公平だ」という意見がありますが、太陽光発電をしている人も不足分として電力会社から電気を買えば、その量に応じて太陽光サーチャージを支払うことになります。また、太陽光発電システムを設置するために多額のお金を支払っています。太陽光サーチャージは温暖化を抑えるために二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギー利用者を増やすために、クリーンでないエネルギーを使っている国民全員がその使用量に応じて負担をして、クリーンエネルギーの利用を後押しするものなのです。
売電価格の引き上げが2009年の11月からと遅かったため、太陽光サーチャージの実際の徴収は2011年4月から徴収されることとなっています。
太陽エネルギー
太陽から放射されるエネルギーのことです。太陽の中心部で行われている水素原子がヘリウム原子に変わる核融合反応の際に発生しているものです。地球上の大気や水の流れや温度に影響を及し、多くの再生可能エネルギーや生物の生命活動の源となっています。地球に降り注ぐ太陽エネルギーの1時間分の量で世界の年間消費エネルギーをまかなうことができると言われています。太陽エネルギーは再生可能エネルギーとして注目され、ソーラーシステムや太陽熱温水器、太陽光発電など様々な形で利用されています。
太陽電池
太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器です。太陽電池は半導体の一種であり、マイナスの電気を帯びる性質のあるN型半導体と、プラスの電気を帯びる性質のあるP型半導体を重ね合わせてできています。太陽電池に光が当たると、プラスとマイナスの電気が発生し、P型半導体のマイナスの電気がN型半導体へ、N型半導体のプラスの電気がP型半導体に移動します。この2つの半導体を電線でつなぐと電流が流れるのです。「電池」というと電気を貯めるイメージがありますが、電気をためる機能はなく光の日射強度に比例して直流電気が発生します。太陽電池はその構成単位によって「セル」「モジュール」「アレイ」と呼び方が変わります。
太陽電池モジュール
複数の太陽電池(セル)を組み合わせ、保護用のガラスやプラスチックを取り付けてパネル状に成型したものです。太陽光パネルとも呼ばれています。

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ