太陽光発電用語集索引

太陽光発電システムを導入するうえで必要な、用語集をまとめました。

 

か行
逆潮流系統連係型システム公称最大出力
逆潮流
潮流は電気の流れを意味する言葉で、逆潮流とは太陽光発電システムで発電して余った電気が電力会社に送りだされることです。一般的に売電のことを言います。通常は電気を購入するため、電力会社からご家庭に電気は流されますがこれとは逆の流れになることからが逆潮流と呼ばれています。
系統連係型システム
商用電力系統(電力会社)と太陽光パネルを連携して電気を売買できるようにするシステムです。発電量が不足するときには電力会社から電気を購入し、発電量が余る時には電力会社に電気を売ることができます。住宅太陽光発電システムや、公共産業用太陽光発電システムのほとんどがこの方式です。
公称最大出力
1枚の太陽電池モジュールが発電することができる最大出力(最大電力)のことです。公称最大出力が大きい太陽電池モジュールであるほど、より効率的に発電できるということになります。ただし、公称最大出力はあくまでも最大出力であり、ある一定の条件の下での発電量となります。そのため、モジュールの汚れ、天気の状態、温度などによって実際の発電量は変わってきます。ND-163AWなら、163Wが公称最大出力になります。

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ