News&Topics

【さいたま市】太陽光発電住宅供給しスマートエネルギー特区に

11.12.27

さいたま市が提案していた「次世代自動車・スマートエネルギー特区」の計画が、国の総合特区の一つに指定されたと発表した。来年度から5年間、市と民間が協力して太陽光発電の普及などを目指す計画となっている。
総合特区は、地域活性化のため自治体や民間が行う事業を、国が資金援助等で助ける制度である。法制化され、今回は全国33件が指定を受けた。
 「スマートエネルギー特区」事業は、市に加え、市と民間企業などが作る協議会が共同で行う。
太陽光発電の普及策として、浦和美園駅周辺に、蓄電池や太陽光発電を備えた住宅を100戸規模で建設する見込み。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、太陽光発電が注目を浴びる中、商品や販売に関するニュースが急増しております。

 

適正価格・設置工事・アフターメンテナンス等しっかりとサポートができる企業が生き残る時代になってきました。

まずは、弊社の無料見積比較サイトをご利用して頂き、比較してからご検討してみて下さい。

 

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ