News&Topics

【ドイツ】再生可能エネルギーが原発を上回る発電量

11.12.19

ドイツでは、2022年までに国内すべての原発を廃止することを決めているが、総発電量に占める風力や太陽光など、再生可能エネルギーの割合がことしおよそ20%に達し、初めて原発の発電量を上回る見通しとなりました。

これは、ドイツの電力会社などが加盟するエネルギー・水道事業連盟が今年1年間の国内総発電量を試算し、16日に発表したものである。同連盟によると、石炭やガスによる火力発電がおよそ57%で最も多く、2番目に多かったのが風力や太陽光などの再生可能エネルギーで、去年より3.5ポイント増えて19.9%でした。一方、原子力発電は、福島第一原発の事故後、国内17基の原発のうち、8基が運転をやめたことから、去年の22.4%から17.7%に低下し、再生可能エネルギーが初めて原発を上回りました。再生可能エネルギーの内訳は、風力発電が7.6%、次いでバイオマス発電が5.2%、太陽光発電が3.2%などとなっています。

今回の結果について、エネルギー・水道事業連盟は、再生可能エネルギーの増加に対して喜ばしいことだとしながらも、天候によって左右されるため、代表的な供給源となるまではしばらく時間を要するだろうという見解を示している。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、太陽光発電が注目を浴びる中、商品や販売に関するニュースが急増しております。

 

適正価格・設置工事・アフターメンテナンス等しっかりとサポートができる企業が生き残る時代になってきました。

まずは、弊社の無料見積比較サイトをご利用して頂き、比較してからご検討してみて下さい。

 

 

 

 

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ