News&Topics

ソフトバンク、帯広の試験場で発電開始

11.12.16

ソフトバンクは初の太陽光発電施設である北海道帯広市の「帯広太陽光発電試験場」の発電を2011年12月15日に開始した。同社は「自然エネルギー協議会」(35道府県が参加)を立ち上げ、地方自治体と連携して国内の十数カ所にメガソーラーを建設することを目指している。今回はメガソーラーの前段階となる実証実験の形だ。

実証試験であるため、北海道電力との系統連系や売電などは計画していない。発電の効率を高めるというよりも、さまざまな太陽電池モジュールを設置して、気象条件や日照量と発電量などの関連を調べるための設備である。日射計と気温計からのデータと、発電した電流、電圧を同時に計測する。

同社が帯広市を選択した理由は、日照時間が長いことだというが、今後1年以上、発電実験を継続し、季節ごとの発電データを集め一般公開も視野に入れている。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、太陽光発電が注目を浴びる中、商品や販売に関するニュースが急増しております。

 

適正価格・設置工事・アフターメンテナンス等しっかりとサポートができる企業が生き残る時代になってきました。

まずは、弊社の無料見積比較サイトをご利用して頂き、比較してからご検討してみて下さい。


 

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ