1. 太陽光発電システム 見積比較.com>
  2. 太陽光発電システムのメリット

太陽光発電システム基礎知識

太陽光発電システムのメリットについて説明いたします

 

電気代の削減
昼間に発電した電気は家庭で使用するため、電力会社から買う電気量が少なくなり電気代を削減できます。余った電気は自動的に電力会社に売られ、その売電分は銀行口座に振り込まれます。売電の手続きや作業は必要ありません。また時間帯別契約(昼間は高い電気料金・夜間は安い電気料金)を利用すると、高くなる時間帯は自宅で発電し、安くなる時間帯の電気代のみを買うという節電サイクルが作り出され、効率的に電気代を節約できます。
オール電化との組み合わせで、更に光熱費を節約
太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、発電した電気を更に有効に使うことができるため、光熱費を大幅に抑えることができます。
効率よく電気が使用でき、節電意識も高まる
火力発電では発電量の約65%が家庭に届く前に失われています。しかし太陽光発電では発電量の約90%を家庭で使用することができます。 発電モニターによって今現在の電気使用量や今日1日の統計、過去の履歴などがリアルタイムで見ることができますので、節電意識が高まります。目につくところ(リビングなど)にモニターを設置することで省エネ意識が高まり、平均約15%程度の節電効果(※)があるといわれています。 ※ECCJホームページ(財)省エネルギーセンター「生活の省エネルギーより」
クリーンで枯渇しない
石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように発電時に二酸化炭素(CO2)などの大気汚染物質や騒音を発生させることがありません。石油資源はこのままの消費が続くと約40年分しか残されていないといわれていますが、太陽光発電はエネルギーが無尽蔵にあり、燃料枯渇の心配はありません。
災害時にも電気の使用が可能
地震や台風などの災害により停電になった場合でも、発電している分量の電気を使うことができます。
メンテナンスが簡単
太陽光発電システムは構造的にシンプルであり、機械的に動作する部分がないため他の発電システムと比較するとメンテナンスが簡単です。システムの寿命も比較的に長く、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数はおよそ20年以上(設定場所などの諸条件による)とされ、太陽光発電モジュールは40年の動作実績があります。 ただし、パワーコンディショナーなどの付属機器は一般的な電気製品と同等であるため、寿命は10年前後で取り換えや修理が必要となります。鳥の糞など雨では取れない汚れが酷くなった場合は発電効率が低下するため、掃除が必要とされます。また性能を維持するために定期的な点検(電圧測定等)をおすすめします。
設置場所を選ばない
太陽光発電の発電効率は導入するシステムの規模に関係なく一定です。設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができます。日射量さえ確保できれば良いので、設置場所を選びません。屋根や屋上だけでなく、ビルの壁に設置するケースも増えています。
断熱効果で快適な室温に
屋根に設置した太陽光パネルは太陽の熱を和らげる断熱効果が期待できます。屋根の種類や測定方法にもよりますが、夏・冬ともに屋根の温度が2~3度変わるそうです。夏は涼しく、冬は暖かくなり、冷暖房費を節約することができます。
太陽光発電とは
太陽光発電の仕組み

数社一括

太陽光発電システムの見積もりを数社へ一括依頼!
法人・産業用太陽光発電システムを検討中の方はこちら
※提携業者サイトへ移動します。

お気に入りに登録

当サイトへ掲載ご希望の施工業者様はこちらからお問い合わせください。





<ウェブの信頼の証> ノートン


チャレンジ25

法人・産業用

ページトップへ

try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-15247686-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}